岡山市南区東畦/24時間365日対応の在宅療養支援診療所
086-282-7122 050-3786-7122(時間外・夜間専用)
在宅医療で日常生活を支える
メニュー

診療・サービス内容

こうなんクリニックでは、定期的な通院が困難な方、ご自宅での療養をご希望の方に対して、ご自宅での生活を総合的にサポートします。
患者さんの日常的な健康管理をはじめ、病気の悩み・苦しみ等、心の問題も含めて、総合的な診療につとめます。
また、訪問看護ステーション・薬局・介護保険事業所などの関連施設と連携を取りながら、安心してご自宅で療養できる環境も整えていきます。
「ご自宅での日常生活を医療面から支えていく」
それが、こうなんクリニックの在宅医療です。

1. 定期訪問診療

主治医がご自宅や老人ホーム等の施設へ定期的に訪問し、診察や検査治療を行います。

最初にご相談を受けた時点で、患者さんの病状やご家族の事情などを伺い、診療計画と訪問スケジュールを立てます。訪問頻度は月2回程度が基本です。

訪問診療当日は、ご本人やご家族・職員の方から身体の様子をお聞きし、血圧・脈拍・体温などのバイタル測定および全身の診察を行います。さらに適宜採血や検尿を、必要があれば心電図測定を行うこともあります。

治療が必要な場合は、ご自宅や施設で可能な範囲で投薬や点滴治療を行います。より詳しい検査や治療、専門外の診療が必要と判断した場合は、専門医や後方支援病院に紹介することもあります。

[主なケア内容]

  • 在宅緩和ケア
  • 点滴、注射
  • 薬局との連携による薬の配達と服薬指導
  • 経管栄養の指導や管理
  • 在宅酸素療法の指導や管理
  • 糖尿病など自己注射の指導管理
  • など
※その他、詳細はご相談下さい。

[検査について]

必要に応じて血液検査、尿検査、超音波検査、心電図検査、レントゲンなどを行います。
精密検査が必要な場合は外部医療機関へご紹介させていただきます。

2. 往診(24時間365日)

急変時や緊急時など、患者さんやご家族からの要請を受けて、医師または看護師が訪問します。

当クリニックは「在宅療養支援診療所」として、24時間365日、夜間でも連絡が取れる緊急体制を整えています(緊急時の連絡先や、医師・看護師の当番表を定期的にお渡ししています)。

3. 急変時の迅速な入院対応

緊急搬送が必要な場合は、契約時に確認したご希望の病院(あるいは連携機関である急性期病院)へすぐに連絡します。そして、患者さんがスムーズに入院し、より早く適切な治療が受けられるよう、紹介状や患者さんの過去のデータなどを迅速に情報提供します。

4. 安心の退院サポート

退院時には身体の事、今後の生活の事など、ご本人もご家族も不安でいっぱいだと思います。そこで退院時カンファレンスには「こうなんクリニック」の医師も参加し、ご家族と一緒に説明を聞くことで在宅生活への不安を少しでも取り除くと共に、入院時のデータを引き継ぐなど、スムーズに在宅生活が出来るようにしています。

5. 訪問看護・看取り(訪問看護ステーションと連携)

訪問看護では、以下のような看護サポートを24時間365日体制で行っています。

  • 病状の観察
  • 入浴や食事の介助など療養上のお世話
  • 認知症のケア
  • など

また、自宅で最期を迎えたい患者さんとご家族のご要望に添えるように「看取り」までサポートしています
患者さんが住み慣れた地域やご家庭で、その人らしい生活を送ることができ、健康の維持・増進・回復を目指して最期まで安心して過ごせるよう支援いたします。

詳しくはこうなん訪問看護ステーションの訪問看護とはをご覧ください。

6. 訪問リハビリテーション(訪問看護ステーションと連携)

「できるだけ自分で日常生活ができるようになりたい」「もっと元気になりたい」という患者さんに対して、リハビリの専門家である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅にお伺いし、リハビリを行います。毎日繰り返し行われる日常生活動作を、一番必要とされるご自宅などの「生活の場所」において治療・訓練できるのは、病院や通所でのリハビリと大きく違う点です。

詳しくはこうなん訪問看護ステーションの訪問リハビリテーションとはをご覧ください。

7. 介護手続き支援(ケアマネジャー)

介護についての疑問や不安をお持ちのご家族に対し、保険制度や介護サービスのご紹介、申請手続きのサポートなど、最適なケアが受けられるようにケアマネジャー(介護支援専門員)がお手伝いします。

詳しくは当クリニックが運営する居宅介護支援をご覧ください。